花粉症の人たち

花粉症には色々種類がありますが日本にしかない花粉であるスギ花粉は日本で多くの花粉症患者が発症しています。世界でみると花粉症に過敏に反応しているのは日本のみといっていいくらいです。そんな花粉症の概要を紹介します。

カカオより継続してヒスタミンより安全で花粉症対策

花粉症は、苦味のあるカカオを摂取すると症状が緩和されると言われていますが、意識的に摂取したとしても多量に得ることは難しい上に、継続的に摂取し続けるということは現実的ではありません。
また、花粉症は薬剤を用いて対処するという方も多いのですが、ヒスタミンという成分によって中毒症状に似た事案に巻き込まれてしまうこともあります。
しかし、何も対策を行わなければ花粉症によって引き起こされる諸症状が緩和することはなく、鼻水やくしゃみが止まらないという事案に悩まされてしまうことになります。
そこで、求められるのは効果が高い上に身体に、あまり大きな負担をかけることがない対策法ということになります。
こうした点を考えると、一般的な薬剤というのは人体に好ましくない成分が配合されているので、相応しくないということになります。
薬剤を用いることができないという場合は、対策法が見つからなくなってしまうのですが、漢方治療という方法があります。
しかも、漢方治療の場合は人体が元来持ち合わせている生命エネルギーや血液、水分を活用することにより治療が行われます。
そのため、薬剤のように副作用に見舞われてしまい、体調不良で苦しさを感じてしまうということもなくなります。
さらに、漢方医学の場合長い目でみて体質そのものを変えるという方法と、症状を高い即効性により抑えるという方法の両方が行えます。
つまり、食事療法や薬を服用した場合の両方のメリットが得られるということになるのです。
加えて、漢方医学では用いる漢方の多くで胃腸の調子を整えたり、免疫力を向上させる効能があるため花粉症を除いた健康面に関しても、良い影響を受けることができるのです。