花粉症の人たち

花粉症には色々種類がありますが日本にしかない花粉であるスギ花粉は日本で多くの花粉症患者が発症しています。世界でみると花粉症に過敏に反応しているのは日本のみといっていいくらいです。そんな花粉症の概要を紹介します。

花粉症薬として販売されているクラリチン

花粉症を治療するために服用するクラリチンは、アレルギー症状によって鼻炎などが生じた際に症状を和らげることが可能な抗ヒスタミン剤です。
クラリチンは、花粉症のための薬剤という認識が持たれることが多いのですが、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹といった皮膚疾患に対しても用いることができます。
クラリチンが持つ特徴として最も大きなものは、花粉症の症状を抑制させる時間が長いということです。
継続時間が長いため、1日に1度服用するだけで終日効果を持続させることができるのです。
ただし、持続時間は販売されている薬剤の中で特に長いものの、効果は他の薬に比べた場合弱いと言えます。
しかし、比較的効果が低いだけあり服用後に眠気を感じてしまうということはないため、服用する時間や場所に左右されることがありません。
そして、クラリチンは1日に1度飲めば良いので、外出先で再度飲むという煩わしさが無いという点から気軽であると言える上に、水が無くても摂取することができるタイプがあるのも魅力です。
日々の生活がとても多忙であるという方は、水を用意して落ち着いて飲むということは難しいため、水が無くても使用できるタイプというのは重宝するでしょう。
当然、水分と共に摂取するタイプと得られる効果は同一なので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるというのも嬉しいポイントです。
また、数ある花粉症薬の中でもクラリチンは1日分の薬価が安価なので、コスト面に目を向けた場合でも金銭的な負担にならずに選ぶ価値があると言えるでしょう。
他の花粉症薬よりもクラリチンは即効性が高いと言われることが多いのですが、効果を感じることができるまでには2時間程度を要することも理解しておいてください。